グランドセイコーBOOK


design By TEMPLATED

グランドセイコーの利用者層

グランドセイコーと言えば、ビジネスマンのステータス的なイメージが強いですね。キャッチコピーからして「志は胸に、誇りは腕に」ですから、出世や成功を収めたサラリーマンの皆さんが「自分へのご褒美」「できる男の証」として身に着けている感じがします。それだけでもありませんね。外国製の高級ブランド志向が主流になってからも、「こだわる男」たちからは根強い人気を集めていました。部品生産から組み立てまで全て国内生産、優れた技術者集団により作り出される、まさにセイコーの誇る「こだわりの逸品」です。堅実派、正統派色が強いのも志高いビジネスマンには魅力なのだと思います。 一方で「最高の普通」というキャッチコピーも目を引きます。見た目の華やかさなどにはとらわれず、機能性と実用性を極めた腕時計ということでしょうか。いかにも「紳士」のイメージにピッタリの最高級実用品です。 そんなグランドセイコーも、いよいよ女性の元へと進出してきました。ビジネスの第一線で活躍する女性キャリア層向けに、シンプルで落ち着いたデザインの腕時計がリリースされています。こちらもセレブ色は薄く、単に高級志向のイメージではありません。知性や品の良さが伝わる「できる女の証」といったデザインですね。男女均等法の成果として女性管理職も増えてきたからでしょうか。国産実用腕時計の最高峰「グランドセイコー」は男だけのステータスではなく、今後は女性の利用者もますます増えていくことでしょう。